増毛が向いている薄毛

増毛にはいろいろな種類があるので、どんな薄毛の人でも、自分に合った方法がみつかるのではないでしょうか。

額の生え際が後退したタイプ

生え際が後退していくと、どうしても顔を合わせるときに視界に入りやすいので目立ってしまうし、帽子をかぶるなどでしか隠すことが難しいですね。前髪を長めにしてカバーするという手もありますが、風が吹いた時や急に雨が降ってきた時など、とっさに対処できないことも多いです。

そこで有効なのは、毛髪のない部分にピンポイントで毛量を足せる接着式がオススメです。ほかには前髪のウィッグなども、おしゃれな髪型に挑戦できるし、色々なヘアアレンジを試せるので楽しみながらケアできます。

全体的に薄くなってきたタイプ

部分的に目立つところはないけれど、全体的に毛量が減って地肌が見えてきたら・・・。
編み込み式や結毛式の増毛がオススメ!

自分の髪の毛に人工毛を足していく方法なので、比較的毛量のある人に向いていますが、特に全体的に薄くなってきたところをカバーするのに向いています。1本の髪の毛が5,6本にまで増えるのでボリューム的にも問題ないし、なにより部分的にではなく万遍なく増やすことができるので、自然にカバーすることができます。

カツラを着用しておしゃれに

カツラというと昔から薄毛の代名詞のように言われており、不自然に見えるものも多かったのですが、今のカツラはすごいのです!女性がおしゃれの一環としてウィッグを使用するようになったせいもあるかもしれませんが、カツラを使うことは、昔に比べて敷居が低くなっていると思いませんか?

病気による薬の副作用で髪が抜けカツラを使用している人もいますし、カツラを着用することは決して悪いことではありません。昔のカツラは不自然に見えることが多く、価格も高かったので、自由に色々なカツラを作ることが難しかったでしょうが、今はおしゃれで自然で軽くて安いカツラが簡単に作れるのです。

いくつか持っていて、その日の気分によって変えたり、コーディネートに合わせて髪型を変えるようにカツラを変えるのは、とてもおしゃれなことだと思います。カツラも立派な増毛方法です。手術や施術にこだわらず、思い切ってカツラを試してみるのはどうでしょうか。

ページのトップへ戻る