植毛にかかる費用

植毛は外科手術で、医療行為なので病院やクリニックで行います。
しかし、医療行為とは言っても保険は適用されませんので、高額になることが多いです。
もちろん病院によっても費用に差がありますが、植毛の種類によっても大幅な差が出てきます。

人工毛植毛

人工毛植毛は、事前に毛包を採取する必要がないので、自毛植毛に比べて費用が割安です。
ただ、人工毛の植毛は安全性の面からあまり推奨されていないので、施術してくれるクリニックの数は少数です。また、増毛のように定期的なメンテナンスもあり、効果は自毛植毛ほど持続しません。

【ニドークリニック】

植毛する箇所に部分麻酔をかけて1時間に400本程度を植毛します。
500本:130,000円、1000本:260,000円、1500本:390,000円、2000本:520,000円。
手術後は、月1回程度のメンテナンスが必要です。

自毛植毛

自毛植毛でも、FUT植毛かFUE植毛にするかで費用は変わってきます。

まず、自分の頭髪から毛包を採取しなければならず、高度な技術が必要となり、費用も高額になります。
自毛植毛では、一般的に本数ではなく、「1株」という単位で計算します。
人間の髪の毛は、ひとつの毛穴から1本ずつ生えているのではなく、たいてい2〜3本が束になっています。その束が生えている毛根ごと採取すると1株になります。

植毛する範囲によって何株くらい必要かというと・・・。

*少し後退した額の生え際:100株(200〜400本)
*生え際が深めのM字型に後退:700株(1400〜2000本)
*頭頂部が薄くなる:1000株(2000本〜2400本)
*前頭部が全体的に薄毛:1250株(2500本〜3000本)

以上が目安となります。
しかし、株数だけで計算できるかというと、それだけではなく、別途手術代がかかるところもあります。

FUT植毛

FUT植毛は、広範囲の頭皮を採取することができるので、面積で計算することもあります。
そうすると、採取する部分の毛髪の密度によって、採取できる株数が変わってくるので、手術前にしっかり相談をして損のない計算方法を選びましょう。
費用は大体1000株で50万円~になります。

FUE植毛

FUE植毛は、1株ずつ小さな穴をくりぬくように採取するので、時間や手間がかかり、さらに高度な技術が必要になります。そのため、費用はFUT植毛よりも高額になります。

しかし、毛の本数の多い毛包を選んで採取することができるので、1株あたりの効率も高くなります。

このように自毛植毛は、どの増毛方法に比べても割高ですが、自毛植毛なら、定着すれば後々のメンテナンスも必要無くなり、薄毛の根本原因から脱却することも可能と言えます。


ページのトップへ戻る