増毛と植毛の違い

薄毛対策として髪を増やすには、主に増毛と植毛という方法があります。

髪の毛を増やすことを、まとめて「増毛」と言うこともありますが、「増毛」と「植毛」では明らかに異なる点があります。
ここで、増毛と植毛の違いをご説明します。

医療行為かどうか

増毛は増毛サロンや一部の美容院でも施術できますが、植毛は医療行為になるので、病院やクリニックなどでしか施術できません。植毛は外科手術になるので、傷跡が残る可能性などもあります。

一時的か継続的か

増毛は、その種類にもよりますが、基本的に一度の施術で簡単に毛量を増やすことができます。ただし、継続してその状態を保つには定期的なメンテナンスが必要なことが多いです。

植毛は、人工毛や自分の頭髪を頭皮の毛穴に植え付けるのですが、植え付けたことによって一時的に毛量を増やすのが目的ではなく、時間をかけて毛根を定着させ実際に生えている毛を増やすのが目的です。しっかり定着できれば、その部分は自分の髪がしっかり生えていることになるので、後々のメンテナンスは不要になります。

価格帯の違い

増毛の種類にもよりますが、増毛方法は基本的に価格が安価なものが多く、数万円からのものが多いです。
植毛は、本数や範囲の広さにもよりますが、基本的な価格は数十万円~100万円くらいかかります。

以上のことから、増毛と植毛では価格・効果が出るまでの時間・結果などに違いがあることがわかります。
お手軽に気になる部分だけを一時的に毛量を増やしたり、メンテナンスを続けながら毛量を調節していくには「増毛」。自分の毛髪として、毛根から毛を増やしていきたいなら「植毛」。

目的やかけられる費用などから、自分に合った方法を探してみましょう。


増毛比較サイトのご紹介

増毛で薄毛対策

有名増毛メーカーの比較を行っている増毛情報サイト。

増毛情報メインですが、植毛大手アイランドタワークリニックに取材を行い、植毛と増毛の違いについて料金面や効果、メリット・デメリットの面から比較しているのが参考になります。

参考:増毛と植毛の違いは?増毛しながら植毛して自分の髪を増やす!

ページのトップへ戻る